Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/kamakiri1/xn--1-47tsa6b4pm160agz1c.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/kamakiri1/xn--1-47tsa6b4pm160agz1c.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

胃への影響はどうなのか?

3757e96096c4d8f2e482005a48ce64f3_s

しょうがには体に良い成分がたっぷり、でも・・・

体を芯から温めてくれることで注目されているのが金時しょうがです。
しかし、どれだけ体にとって大切な成分が豊富であっても、摂りすぎは良くありません。
しょうがの場合は、胃を荒らしてしまうこともあるので注意が必要です。

実際、しょうがを食べ過ぎて胃がむかむかするという経験をお持ちの方もたくさんいます。
しょうがには独特の辛味や酸味がありますね。
これらは刺激成分のため、食べ過ぎることで胃の粘膜を荒らしてしまうのです。
基本的には、しょうがには胃腸の働きを良くする作用があると言われていますが、やはり食べ過ぎには注意したいところです。

摂取目安量をオーバーしていることが多い?!

生のしょうがをすりおろして紅茶などと混ぜて飲む場合は、摂取量が多すぎてしまうことがあるので注意しなければなりません。
生しょうがの場合は、1日当たり10g程度が摂取目安とされていますが、実際に計測してみると10gがずい分少なく感じる方もいるでしょう。
それ以上のしょうがをすりおろしてドリンクに使っていたという方も多いのではないでしょうか。

また、一回のドリンクで10gのしょうがを使っていない場合も、一日に2杯3杯と飲んでいる場合には合計すると10gを軽く超えてしまうことも多いです。
あくまでも目安ですが、胃腸がもともと弱い方は摂り過ぎには特に注意したいですね。

サプリメントならお手軽!

料理やドリンクに積極的にしょうがを摂り入れて体を温めるのも悪くありませんが、使う量を気にしなければならなかったり、作る手間を考えれば、金時しょうがのサプリメントを選ぶ方が効率が良いと言えます。

サプリメントにも一日当たりの摂取目安が記載されていますので、その量を守って続けていけば、胃を荒らす心配はありません。
また、金時しょうがは近所のスーパーで手軽に手に入れられるしょうがとは違って、なかなか継続して料理やドリンクに使うことが難しい貴重な食材です。
しかしサプリメントであれば、金時しょうがを手軽に摂取することができますので、そういう意味でもやはりサプリメントはお勧めです。

しょうがパワーを存分に引き出そう

しょうがの優れた成分を摂り過ぎたがために胃腸を荒らしてしまい、胃もたれや下痢などの辛い症状を引き起こしてしまうのはとても残念なことです。
早く効き目を感じたい!と一度にたくさんの量を摂ってしまう方もいますが、焦らず慌てずに、目安量を守って継続していくことが大切です。
金時しょうがのサプリメントをはじめる際には、まずは一日当たりの摂取目安をチェックすることからスタートしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ