金時しょうがの食べ方

91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s

金時しょうがをそのまま食べると・・・

金時しょうがは一般的なしょうがと比べると、辛味成分が強いという特徴があります。
それ故に体を温めてくれる成分も豊富なのですが、辛味成分が強いということは、そのまま食べるには苦さや辛さが強すぎるということでもあります。

そのため、金時しょうがは生のまま食べるのではなく、その他の調味料も加えたり加熱するなどして、まろやかさを加える必要があります。

金時しょうがは少量からお試しを!

しょうがのレシピとして人気が高いのが、しょうがを摩り下ろして紅茶に加えるホットドリンクです。
このホットドリンクに金時しょうがを使う場合には、はちみつやグラニュー糖などで甘さもプラスすると飲みやすくなります。

甘いドリンクが苦手な場合は無理に甘味料を使わなくても良いですが、金時しょうがを少量入れただけでかなりの辛味を感じるため、一般的なしょうがを使うよりも少ない分量を使うように気を配ると飲みにくさを感じにくくなります。

最初からたくさんの量を入れてしまうのではなく、少しずつ加えて味を確かめながらちょうど良い分量を発見することが大切です。

味の違いを感じてみよう

また、お料理に使う場合も、通常のしょうがと同じくらいの量を使ってしまうと辛味を強く感じてしまうため、お子さまやしょうがが苦手な方がいるご家庭では特に気をつけたいところです。

金時しょうがは手軽に手に入れられるしょうがではありませんので、入手できたときには一般的なしょうがとどのくらい違うのか?をじっくり感じ、味わっていきたいものですね。

金時しょうがを使ったレシピとしては、他にしょうがジャム、甘酢漬け、シロップなどがありますが、いずれにしても、金時しょうがを生のまま食すよりも食べやすくアレンジしたレシピが多くなっています。

サプリメントで手軽に摂取

手に入れられない方も、サプリメントという形であれば、貴重な金時しょうがも簡単に手に入れることができるためお勧めです。
ただし、金時しょうがのサプリメントにも色々な種類があり、特徴も異なりますので、まずはサプリメントによって何が違うのかを比較していくことが大切です。
サプリメントは毎日続けていくことが重要ですから、安心して毎日飲むことができる商品を選ぶ必要があります。

また、サプリメントは味を感じませんので、しょうがの辛味が苦手という方にもお勧めです。
無理に生のしょうがを使わなくても、サプリメントで手軽に金時しょうがを摂取できれば、苦手な味にストレスを感じることもありませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ